G魂

■最終更新日 2004年4月28


---- 過去の記事を読む
過去分月分
8月分

No.11 「浮気調査」 VOL.11 〜調査計画・準備〜

 

純一の不貞の証拠を収集する為、調査員は週末の「お忍び旅行」

に狙いを定める事とした。

先日得た情報(旅行は、早朝出発・電車移動・温泉地)

を元に調査計画を立てる。

もちろん予定変更が無いという訳ではなく、「決め付け」は禁忌だが、

ここでも予備調査が重要な役割を果たす。

旅行する人物の尾行というものは、仮に旅先や宿泊先が判っていたとしても

容易なものではない。

長時間・長距離に及ぶ追尾は

「覚知」(対象者に尾行の事実が発覚する事)や

「失尾」(対象者を見失う事)の危険度が高い。

また旅行となると、タクシーの利用から航空機の利用まで、

様々な「難関」がある。

その中には、指定席を確保できないと利用出来ない乗物や、

参加出来ないイベントなどがある。

なかでも、宿泊先(ホテル・旅館)を把握出来ていない場合、

途中のミスは調査にとって致命的で決して許されない。

これらの事をふまえて、予備調査は進められていく。

交代要員、車両の数やその配置計画は慎重に立てる必要がある。

また調査員各自は、常日頃から地理的な知識を蓄えておかねばならない。

調査員は予備調査を進めながら、「純一」及び交際女性の旅行前の

行動も確認する。それらの行動の中に、旅行社への立ち入りや切符の購入、

書店での観光雑誌の購入など二人の旅行に関する情報が得られる

可能性もあるからだ。

これら完全な予備調査を施した上で、当日の調査に臨む事とする。